2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



~ ご注文・お問い合わせ ~

各種革製品のオーダーメイド、カスタムオーダーメイド、修理&お手入れ、承っております。
また、このブログ内製品のご注文、カスタムオーダーも承っております。
オーダーメイドについて も参照下さい。

1・革製品、修理、お手入れ、その他お問合せはこちらからどうぞ!
『お問い合わせフォーム』

2・ブログ内の定番製品が、こちらのフォームからご注文頂けるようになりました!
ご注文、カスタムオーダーの際には、下記フォームをご利用ください。
『ご注文フォーム』

お問合せ先 : tukinoya55@gmail.com
お気軽にお問合せください。(担当:森)

--:--  |  スポンサー広告

2011.10.15 (Sat)

牛ヌメ革 ボストンバッグの修理 (その二)


さあ、作業開始!!

まずは、補修作業です。
最初のチェックで見つけた小さな亀裂やヒビを補修。


Bostonbag修理-before04


補修完了


いよいよ、修理&補強作業開始!!

鞄を裏返します。
革に無理がかからないように、慎重に。。慎重に。。。



Bostonbag修理-repair02


鞄が裏返りました。


次は、大きく裂けた革を補修するために、ファスナーの取り外し作業。
ミシンで縫製された糸をほどきながら、鞄の一部を丁寧にばらします。



Bostonbag修理-repair03


こんな感じになりました。

ファスナーを鞄から取り外し、裂けた革の補修作業に入ります。



Bostonbag修理-repair04


補修完了


次は補強作業。
補強用の革を切り出します。

ファスナーの裏表両面から補強するので、パーツは全部で4つ。
元々使ってあった革と同じ種類の革を使います。

そして、縫製用の穴をあけておきます。

鞄本体のほうは元々の穴を使うので、縫い穴の数や間隔をキッチリ合わせます。



Bostonbag修理-repair05


補強用パーツ完成

ただし、このまま使うと革の新旧が違いすぎて不自然になってしまうので、
鞄のエイジング( 経年変化 )にあわせて、パーツもエイジングさせておきます。

染料などでアンティークに見せる方法もあるのですが、やはり不自然なので、
「月の家」では、独自の方法でエイジングの状態を似せていきます。


 ☆ここでマメ知識をひとつ☆
     エイジング( 経年変化 )とは? →  こちら を参照


準備が出来たところで、鞄本体に補強用パーツをつけていきます。
縫い穴がずれないように、しっかり合わせながら。。。

まずは表側から、仮着け。


Bostonbag修理-repair06


こんな感じ。


次に、裏側からファスナーと補強用パーツを仮着けし、

縫製開始!!


Bostonbag修理-repair07


一針一針、キッチリ手で縫っていきます。


革製品の修理は、ミシンだと非常に難しい。
同じ穴に針を通すのが困難で、
もしあらたに穴をあけてしまうと、革が弱くなってしまいます。
縫製の強度的にも、手縫いのほうが強いので、

「月の家」 では、やっぱり手縫い!!

詳しくは、 こちら を参照。


Bostonbag修理-repair08


次は、ファスナー部分の縫製。


Bostonbag修理-repair09


反対側もファスナーを縫製していきます。
噛み合わせがずれないように、きっちり元の場所に縫い付けます。


Bostonbag修理-repair10


だんだん形になってきました

この縫製が終わればいよいよ、ばらした所の修復です。




今日はここまで。

次回は、この続きからです。

お楽しみに



関連記事
スポンサーサイト



~ ご注文・お問い合わせ ~

各種革製品のオーダーメイド、カスタムオーダーメイド、修理&お手入れ、承っております。
また、このブログ内製品のご注文、カスタムオーダーも承っております。
オーダーメイドについて も参照下さい。

1・革製品、修理、お手入れ、その他お問合せはこちらからどうぞ!
『お問い合わせフォーム』

2・ブログ内の定番製品が、こちらのフォームからご注文頂けるようになりました!
ご注文、カスタムオーダーの際には、下記フォームをご利用ください。
『ご注文フォーム』

お問合せ先 : tukinoya55@gmail.com
お気軽にお問合せください。(担当:森)

テーマ : 靴・バッグ修理 - ジャンル : ファッション・ブランド

21:17  |  修理・リメイク・CUSTOM製品  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tukinoya55.blog107.fc2.com/tb.php/55-bd5d6601

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。