2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



~ ご注文・お問い合わせ ~

各種革製品のオーダーメイド、カスタムオーダーメイド、修理&お手入れ、承っております。
また、このブログ内製品のご注文、カスタムオーダーも承っております。
オーダーメイドについて も参照下さい。

1・革製品、修理、お手入れ、その他お問合せはこちらからどうぞ!
『お問い合わせフォーム』

2・ブログ内の定番製品が、こちらのフォームからご注文頂けるようになりました!
ご注文、カスタムオーダーの際には、下記フォームをご利用ください。
『ご注文フォーム』

お問合せ先 : tukinoya55@gmail.com
お気軽にお問合せください。(担当:森)

--:--  |  スポンサー広告

2012.07.11 (Wed)

革細工につかうモノ達 ( 其の六 )


お待たせしました

前回紹介した 「 革を切り出す道具 」 の続きです。
( 前回の記事は → 革細工につかうモノ達 ( 其の五 ) を参照ください )


『 革裁ち包丁 ( かわたちぼうちょう ) 』 - ②


「 月の家 ( ツキノヤ ) 」 の製品に使用する革は、すべて手裁断をしているため、

こんな特殊な刃物を使って切り出します。

tsukinoya-tools-06.jpg

写真左側の2本は、前回紹介したので、今回は右側の4本を紹介します。

いちばん左の刃物が、一般的な形の 革裁ち包丁。
僕がメインで使っている包丁で、もっとも使用率が高いです。
刃物職人による火造り鍛造で、6㎜厚革もスパッと一発で綺麗に切れるので、
とても気に入っています。

その隣の刃物は、少し細めの 斜包丁。
刃が斜めについていて、曲線を切るときは、こちらの包丁を使っています。

そしてその隣が、丸包丁。
丸い刃がついていて、おもに革の端を薄く漉くときに使っています。

日本の刃物は、切れ味や安定感が圧倒的に良いので、僕は日本の刃物を使っています。
しっかり研いだ革裁ち包丁は、本当によく切れます。

最後は、いちばん右の刃物。
これは、ドイツ製の革裁ちナイフで、こちらも革の端を薄く漉くときに使っています。
極薄のナイフで刃にシナリがあり、丸包丁と、用途に合わせて使い分けています。


日本の刃物はよく切れる、といっても、しっかりまめに研がなければ本領を発揮しません。
刃の手入れを怠った包丁を使うと、余分な力が加わってとても危険なので、
革を切る前には必ず研ぎます。
これが、なかなか難しいのです。


それでは、次回の 「 革細工につかうモノ達 」 をお楽しみに!!
( これまで紹介したモノ達は → こちら を参照ください )




関連記事
スポンサーサイト



~ ご注文・お問い合わせ ~

各種革製品のオーダーメイド、カスタムオーダーメイド、修理&お手入れ、承っております。
また、このブログ内製品のご注文、カスタムオーダーも承っております。
オーダーメイドについて も参照下さい。

1・革製品、修理、お手入れ、その他お問合せはこちらからどうぞ!
『お問い合わせフォーム』

2・ブログ内の定番製品が、こちらのフォームからご注文頂けるようになりました!
ご注文、カスタムオーダーの際には、下記フォームをご利用ください。
『ご注文フォーム』

お問合せ先 : tukinoya55@gmail.com
お気軽にお問合せください。(担当:森)

テーマ : 革製品 - ジャンル : ファッション・ブランド

13:49  |  革細工につかうモノ達  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tukinoya55.blog107.fc2.com/tb.php/217-3e449cc6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。