2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



~ ご注文・お問い合わせ ~

各種革製品のオーダーメイド、カスタムオーダーメイド、修理&お手入れ、承っております。
また、このブログ内製品のご注文、カスタムオーダーも承っております。
オーダーメイドについて も参照下さい。

1・革製品、修理、お手入れ、その他お問合せはこちらからどうぞ!
『お問い合わせフォーム』

2・ブログ内の定番製品が、こちらのフォームからご注文頂けるようになりました!
ご注文、カスタムオーダーの際には、下記フォームをご利用ください。
『ご注文フォーム』

お問合せ先 : tukinoya55@gmail.com
お気軽にお問合せください。(担当:森)

--:--  |  スポンサー広告

2012.06.06 (Wed)

マメ知識 (其の四)   「革婚式」


久しぶりに、マメ知識のコーナーです
                 (これまでのマメ知識は →  こちら  を参照ください)

今回は、「結婚記念日」 のお話。    !?


イギリスでは、結婚から毎年、その記念日に呼び名があり、

結婚3年目の記念日を 『 革婚式 』 と呼んでいるそうです。

これには、

 「革は丈夫で強い。年月と共に素敵になっていく。
  夫婦の絆をしっかり結んで、革のように強く暮らしていこう!」

という願いが込められています。

kawakon.jpg

3年目。

革製品も大切につかうと、3年目頃には経年変化(エイジング)によって

とても良い味が出てきます。 (経年変化については →  こちら  を参照ください)

色も変化し、形も馴染み、ちょうど愛着がわいてくる頃

これからどんな変化をしていくのか、ますます楽しみになります!

そして、もっと大切にしよう!! という気持ちがふくらむときです。

なんだか暮らしと似てますね。

tsukinoya.jpg

そんな 『 革婚式 』

大切な相手に、ずっとつかえる革のアイテムを、それぞれがプレゼントしあう

というのも素敵です。

また、ペアでつかえるものを、楽しみながらオーダーメイドでつくるのも

よい記念アイテムとなって、お勧めです!!

お互いに感謝しあえる記念日になるといいですね



今回のマメ知識は、ここまで。

それでは、次回の豆知識をお楽しみに




スポンサーサイト



~ ご注文・お問い合わせ ~

各種革製品のオーダーメイド、カスタムオーダーメイド、修理&お手入れ、承っております。
また、このブログ内製品のご注文、カスタムオーダーも承っております。
オーダーメイドについて も参照下さい。

1・革製品、修理、お手入れ、その他お問合せはこちらからどうぞ!
『お問い合わせフォーム』

2・ブログ内の定番製品が、こちらのフォームからご注文頂けるようになりました!
ご注文、カスタムオーダーの際には、下記フォームをご利用ください。
『ご注文フォーム』

お問合せ先 : tukinoya55@gmail.com
お気軽にお問合せください。(担当:森)

テーマ : 革製品 - ジャンル : ファッション・ブランド

08:32  |  マメ知識!  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.14 (Wed)

マメ知識 (其の三)   「鞣し (なめし)」 について


前回の 『豆知識コーナー』 で紹介したように、「皮」 から 「革」 へ加工する作業を

「鞣し(なめし)」 といいますが、今回はその 「鞣し」 についてです。
( 前回の豆知識コーナーは →  こちら  を参照ください )


現在、皮革産業で主流となっている 「鞣し方法」 には、

「タンニンなめし」「クロムなめし」 のふたつがあります。


「タンニンなめし」

nameshi-01.jpg

nameshi-02.jpg

植物の樹皮や葉などに含まれるタンニン (渋) に漬け込んでなめす方法。

この方法は大昔から行われていて、自然の力を借りて皮をなめすので、

とにかく時間がかかります。(クロムなめしに比べ、5倍~30倍時間がかかる。)

手作業の部分が多く、かなりの重労働のため、大量生産が出来ません。

当然コストもかかりますが、型崩れしにくく丈夫で、吸湿性に富み、

ナチュラルで、使っていくうちにツヤや風合いが出てくる魅力があります。

「 ヌメ革 」 は、こちらになります。

硬いイメージがありますが、柔らかくしなやかなものも、たくさんあります。



「クロムなめし」

主成分が塩基性硫酸クロムのなめし剤を使ってなめす方法。

なめし終わった状態は、青白い色となるため、後で染色や着色がしてあります。

やわらかく、水をはじき、ダメージや熱に強いのが特徴です。

現在、圧倒的に多いのがこちらで、ヌメ革以外の革は、ほぼクロムなめしです。

ただし、クロムには有害なものがあるため、廃棄が問題となっていて、

特に環境基準が厳しいドイツなどでは、ヌメ革への回帰が進められていますが、

日本では最近、少しずつですが、有害でないものも出てきています。





使う用途によって向き不向きがあり、状態の良くないヌメ革も出回っているので、

どちらの 「鞣し方法」 が良いとは一概にいえませんが、

僕は、経年変化が楽しめ、お手入れ次第でずっとつかえる

「植物タンニンなめし」 の革が大好きです。

leather03.jpg


それでは、次回の豆知識をお楽しみに






~ ご注文・お問い合わせ ~

各種革製品のオーダーメイド、カスタムオーダーメイド、修理&お手入れ、承っております。
また、このブログ内製品のご注文、カスタムオーダーも承っております。
オーダーメイドについて も参照下さい。

1・革製品、修理、お手入れ、その他お問合せはこちらからどうぞ!
『お問い合わせフォーム』

2・ブログ内の定番製品が、こちらのフォームからご注文頂けるようになりました!
ご注文、カスタムオーダーの際には、下記フォームをご利用ください。
『ご注文フォーム』

お問合せ先 : tukinoya55@gmail.com
お気軽にお問合せください。(担当:森)

テーマ : 革小物 - ジャンル : ファッション・ブランド

12:12  |  マメ知識!  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.02.14 (Tue)

マメ知識 (其の二)   「皮」 と 「革」 の違いって?


意外と知られていない 「皮」「革」 の違い。

言葉にすると同じ 「かわ」 ですが、まったく別のものなんです。


leather01.jpg


「皮」 は、生き物の皮フのこと。

人の皮フや樹皮も、もちろんこっちです。


「革」 は、こうした生き物の 「皮」 を

鞄や靴、衣服等で使えるように、「鞣し(なめし)」 という

腐敗防止加工を施した、素材のことです。( 上の写真はこちら )


原料となるものが、生き物から剥いだ 「皮」 で、

それを加工して生まれ変わった素材が 「革」 なのです。


taiko.jpg

ちなみに、和太鼓や、ラテン楽器のコンガやボンゴ、アフリカ太鼓のジェンベ等、

太鼓の打面に張ってある 「かわ」 は、生の状態なので、「皮」 になります。



「鞣し(なめし)」 については、次回の豆知識コーナーで紹介する予定です。

お楽しみに







~ ご注文・お問い合わせ ~

各種革製品のオーダーメイド、カスタムオーダーメイド、修理&お手入れ、承っております。
また、このブログ内製品のご注文、カスタムオーダーも承っております。
オーダーメイドについて も参照下さい。

1・革製品、修理、お手入れ、その他お問合せはこちらからどうぞ!
『お問い合わせフォーム』

2・ブログ内の定番製品が、こちらのフォームからご注文頂けるようになりました!
ご注文、カスタムオーダーの際には、下記フォームをご利用ください。
『ご注文フォーム』

お問合せ先 : tukinoya55@gmail.com
お気軽にお問合せください。(担当:森)

テーマ : 革小物 - ジャンル : ファッション・ブランド

10:13  |  マメ知識!  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.06 (Tue)

ベルト選びのポイント ( 其の二 バックルの形 )


昨日 ( 12/5 ) の続きです。
( ポイント其の一 は → こちら を参照下さい )

バックルの形は、みんなが気になる部分。

ベルトを締めたとき、それこそ顔になる部分なので、

ここのデザインが変わるだけで、ずいぶん見えかたも変わってきます。


beltbuckle-image-02.jpg


ベルトには、バックルが取り外せるものと、

縫製してあり外せないもの、

大きく分けて、この2つのタイプがあります。

使い方にあわせて、選ぶと良いです。



次回もお楽しみに







~ ご注文・お問い合わせ ~

各種革製品のオーダーメイド、カスタムオーダーメイド、修理&お手入れ、承っております。
また、このブログ内製品のご注文、カスタムオーダーも承っております。
オーダーメイドについて も参照下さい。

1・革製品、修理、お手入れ、その他お問合せはこちらからどうぞ!
『お問い合わせフォーム』

2・ブログ内の定番製品が、こちらのフォームからご注文頂けるようになりました!
ご注文、カスタムオーダーの際には、下記フォームをご利用ください。
『ご注文フォーム』

お問合せ先 : tukinoya55@gmail.com
お気軽にお問合せください。(担当:森)

テーマ : 革小物 - ジャンル : ファッション・ブランド

17:57  |  マメ知識!  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.05 (Mon)

ベルト選びのポイント ( 其の一 ベルトエンドの形 )


ベルトを選ぶときのポイントはいくつかありますが、

その中のひとつ。

「 ベルトエンド 」 ( ベルトの先っぽ ) の形。

よく見ると、いろんなデザインがあります。

この部分はベルトの端っこなので、

気にしたことがない人もいると思いますが、

ベルトを選ぶときのポイントのひとつです


beltend-image-01.jpg


ベルトを締めたとき、バックルとならんで顔になる部分で、

ここのデザインが変わると、見えかたも変わってくるのです。



みなさんもいくつかベルトを持っていると思いますが、

時間のあるときに、ベルトエンドを見てみてください。

よく似ているようで、少しずつ違うかも



次回もお楽しみに








~ ご注文・お問い合わせ ~

各種革製品のオーダーメイド、カスタムオーダーメイド、修理&お手入れ、承っております。
また、このブログ内製品のご注文、カスタムオーダーも承っております。
オーダーメイドについて も参照下さい。

1・革製品、修理、お手入れ、その他お問合せはこちらからどうぞ!
『お問い合わせフォーム』

2・ブログ内の定番製品が、こちらのフォームからご注文頂けるようになりました!
ご注文、カスタムオーダーの際には、下記フォームをご利用ください。
『ご注文フォーム』

お問合せ先 : tukinoya55@gmail.com
お気軽にお問合せください。(担当:森)

テーマ : 革小物 - ジャンル : ファッション・ブランド

23:52  |  マメ知識!  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.09.09 (Fri)

マメ知識 (其の一)   革のエイジング(経年変化)って?


「エイジング」だとか「経年変化」 という言葉を、時々聞くようになってきました。


実はモノづくりの世界では昔からある言葉です。

簡単に説明すると、モノが年月と共に変化していくことです。
特に、自然素材で作られたモノに使われることが多い言葉です。

自然素材で作られたモノは、出来上がった時が100%の完成ではありません。

大切に使い込むことで風合いがでて、ゆっくりとその人の色やカタチに馴染んでいき、
永い時を経て、世界にたった一つ、その人だけのモノになっていきます。


年月と共に味が出て良くなっていくこと、
それが、「エイジング (経年変化) 」です。


経年変化イメージ
左から    ・仕上り時         ・2年使用          ・15年使用










~ ご注文・お問い合わせ ~

各種革製品のオーダーメイド、カスタムオーダーメイド、修理&お手入れ、承っております。
また、このブログ内製品のご注文、カスタムオーダーも承っております。
オーダーメイドについて も参照下さい。

1・革製品、修理、お手入れ、その他お問合せはこちらからどうぞ!
『お問い合わせフォーム』

2・ブログ内の定番製品が、こちらのフォームからご注文頂けるようになりました!
ご注文、カスタムオーダーの際には、下記フォームをご利用ください。
『ご注文フォーム』

お問合せ先 : tukinoya55@gmail.com
お気軽にお問合せください。(担当:森)

テーマ : 革小物 - ジャンル : ファッション・ブランド

20:08  |  マメ知識!  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。